納豆と他の食材

納豆+イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
納豆+イン

納豆にちょっとトッピングを加えて

ステーキがどんなに美味しくても毎日食べれば飽きちゃいます。シンプルに炊き立てのご飯にお醤油を垂らし納豆ご飯も格別の美味しさがありますが、 納豆にちょっとトッピングを加えて召し上がってはどうでしょうか?

この食べ方はどのご家庭でも召し上がっていると思いますが、あえてこのトッピングにこだわりたいと思います。

美味しく栄養的にまず納豆といえば「ネギ」です。

ネギは薬味のように思われがちですが、実は納豆にない栄養素が含まれているので、むしろ積極的に取り入れたいものです。

地域によってはネギでも種類が違うと思います。関東で主流の白ネギ、関西で主流のアサツキ、やっこネギなどの青ネギ、どちらもツンとくるネギ特有のいい香りが納豆ととてもよく合います。

私は関西ですからやはり細いネギが好きです。ここでは、青ネギで説明いたします。

緑の葉の部分にはカロチン、ビタミンA、ビタミンCが多く、カルシウム、鉄分などのミネラル分も含まれています。

それを細かく切って納豆に多めに入れて食べると、納豆の柔らかさとネギの歯ごたえと香りがいいんですよね〜。

納豆には、やはり「卵」です。

子供の頃、納豆が苦手で食べにくかったころはいつも卵を入れてかき混ぜてご飯に掛けて食べていました。

子供のお茶碗が小さく、白身が先に「ドロッ」と先に流れ込み、ご飯から全部こぼれた記憶も残っています。(笑)

当時は黄身だけを分けて使うなんて贅沢でしたからご飯に卵をかけるときは慎重にしたものです。

それだけに納豆卵かけご飯には深い思い入れがありますし、今でも食べて美味しいと思います。

卵にはレシチン・ビタミンA・B12・D・鉄分などが含まれているのでこれも納豆と一緒に食べればさらに栄養価が高まります。

この他には、「山芋」でしょうか!

同じネバネバネバネバ同士でしつこうように思われますが、これがどうして以外にいけるのです。

山芋はすりおろしてもいいですし、短冊切りでもどちらでもいいです。納豆と混ぜて上から、キザミ海苔をかけて食べると美味しいですよー。

「梅干し」「しそ」「ちりめんじゃこ」などもトッピングとして利用しては如何でしょう

どうしても納豆の臭いが苦手な方は、ごま油で炒めると臭いが消えますよ。

次号は、納豆と薬の飲み合わせはありますか? 次号に続く→納豆と薬の飲み合わせ

※ご注意:大豆アレルギーの方は、必ず医師に相談の上、納豆パウダーをお召し上がりください。

会社概要 | プライバシーポリシー | 法令表記 | お問い合わせ | リンク集 | 納豆以外の通販商品 | サイトマップ | XML Sitemap

ノニインターナショナル組織

有限会社ノニインターナショナルの許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
「納豆+イン」のホームページ全ての文章の文責・著作権は有限会社ノニインターナショナルに帰属します。